面接の日程調整で時間帯が重なるのを防ぐ

面接の日程調整で時間帯が重なるのを防ぐ
面接の日程調整で時間帯が重なるのを防ぐ

面接では言ってはいけない前の職場の人間関係

転職するために志望企業に応募すれば、新卒時と同じように面接を受ける必要があります。その時転職の理由を必ず聞かれるでしょう。友人に転職すると話せば「なぜ」と聞かれるように、面接官もやはりそこは気になります。理由は人それぞれですが、中でも多いのが職場の人達とうまくやっていけなかったという理由です。職場にはいろんな人間がいますので、どうしても気が合わない人が出てきます。そういう人たちとの関係を断ち切りたいという思いで転職する人も非常に多いのが現実です。

転職をするのはだれでも現状に対する不満を解消したいからです。しかし人間関係が悪いというのを理由として面接で伝えるのは、いい答えとはいえません。不満をストレートに伝えるのは面接ではプラスに働くことはないでしょう。そもそも新しい職場で働きたいと思って臨んでいる場に、前の職場で人間関係が悪かったことにあえて触れる必要はありません。人間関係は新しい職場でももう一度築く必要があります。不満を口にしているということは解決できなかったということです。新たな職場でもまた同じことになるのではないかと勘ぐられるでしょう。自分は将来こうなりたいといった前向きな理由を考えておきましょう。

人気の求人の参考になるネタはこのWEBサイトをブックマークしましょう★

Copyright (C)2017面接の日程調整で時間帯が重なるのを防ぐ.All rights reserved.