面接の日程調整で時間帯が重なるのを防ぐ

面接の日程調整で時間帯が重なるのを防ぐ
面接の日程調整で時間帯が重なるのを防ぐ

面接時の行動を考えよう

面接を受けるときに考えることはたくさんあります。例えば自分の話術では、どうアピールしていくことができるのかということであったり、表情などは固まらずに発言していくことができるのかなどがあると思われます。しかし、そういったことばかりに集中してしまうと、気づかぬうちに体が動いてしまっているということがあります。

多くの方は自分にしぐさというものを持っています。例えば、会話中に焦ったりしてしまうと頭に手を持っていく方もいますし、足を揺すってしまうという方もいます。ですが、面接官の方の中には、こういったしぐさというものを好まないという方もいらっしゃるでしょう。また、働きだしてから接客などがある際にしぐさを見せてしまうことも避けていきたいものでしょう。

そこで、しっかりと相手に良い印象を見せていくためにも、言葉遣いや服装などもですが、自分のしぐさにも目を向けていかれるといいかもしれません。そうすることで、面接を有意義な時間にしていくことができますし、面接官の方にも良い印象を与えていくことができるのではないでしょうか。このようなことは、本番一度きりでなおすことは難しいので、しっかりと事前に練習を行っておかれるのもいいかもしれません。

Copyright (C)2017面接の日程調整で時間帯が重なるのを防ぐ.All rights reserved.